保険会社が教えてくれない学資保険の選び方|相談して分かった保険のカラクリとは

子供の学資保険は損?ファイナンシャルプランナーに相談して分かった保険のカラクリ

学資保険,無料相談,選び方

 

「子供の学資保険って、いつから入ればいいの?」

 

「学資保険は、貯金より損してるって、本当?!」

 

「保険料が安くて返戻率のいい学資保険を知りたい!」

 

「素人には難しい保険のこと、学資保険を比較する方法は?」

 

また、

 

「グイグイ営業されるのが苦手だなー」

 

「忙しいから手っ取り早く相談したい」

 

「とにかく節約したい」

 

 

という人にもとっておきの方法があるので是非見てくださいね。

 

 

 

▼▼話題の学資保険の無料相談はこちら▼▼

学資保険,無料相談,選び方

 

念願の子供が生まれて新しい家族が増える。それは人生においての一大イベントです。

 

でも、本当に大変なのは子供が生まれてからのこと。オムツから始まって、幼稚園や保育園・小学校・中学校・高校・大学と、現在の日本では、とにかく子育てには多額のお金がかかります。

 

子供の成長はあっという間で、十分なお金が貯まる前に高校進学、そして大学の入学金といった大きな費用のかかるイベントが次々にやってきます。

 

そこで最近は、教育資金を早いうちから準備するため、子供が生まれてすぐに学資保険(口コミ保険)を検討するご両親が増えています。

 

しかし結婚前はおすすめ保険すら入っていなかった方も多く、学資保険に対する十分な知識がないまま契約してしまう事も少なくないようです。でも、その学資保険、本当にご家族にとって有利な保険になっているでしょうか?

 

実は多くの方が知らない「損してしまう学資保険の入り方」というのが存在するんです。そして残念なことに、恐らく保険会社はそんなこと教えてくれません。

 

このページでは、保険会社も教えてくれない学資保険のことや、学資保険に加入したご両親の口コミなどを見ながら、学資保険への理解を深める情報をシェアしていきたいと思います。

 

「学資保険のお得な選び方を知りたい!」

 

という方にも、きっと理想の答えが見つかるはずです。

 

学資保険とは?

学資保険,無料相談,選び方

学資保険とは、子供の教育費などに使うお金の補助を目的とした保険商品です。教育資金が必要な時期になると、給付金としてまとまったお金を受け取れます。保険契約時に決めた子供の年齢に合わせ、主に祝い金・満期額資金として給付されます。

 

おすすめ保険と同様の契約が含まれている学資保険もあり、その場合は万一親や子供が死亡した際、死亡保険金や病気・ケガの治療費などが給付されます。

 

また、基本的には学資保険の契約期間中に契約者が死亡した場合、以降の保険料は免除されます。育英資金により保険契約者の死亡した日から保険期間の満了日まで、被保険者に給付金が支払われる学資保険もあります。

 

学資保険はいつから加入する?

学資保険,無料相談,選び方

結論から言うと「学資保険の加入は早ければ早いほど有利」です。その理由はとても簡単で、例えば同じ金額を貯める場合、積立期間が長いほど、毎月の負担が少なくて済むからです。当然、同じ金額の掛け金であれば、早く始めたほうが、より多くの給付金を手にすることができます。

 

理想的な学資保険の加入時期は「お腹の赤ちゃんが安定期に入ってから」です。

 

「えっ!そんなに早くから? そんなに早くから入れるの?」

 

と驚く方もいるかもしれません。

 

学資保険は出産の140日前から、つまり妊娠中でも加入が可能です。出産直後は何かと慌ただしい日々が続きます。親戚や友人知人が休日の度にお祝いに来てくれて、のんびり保険の検討をする余裕なんて無いかもしれません。

 

そうやっていつの間にか学資保険に入りそびれてしまうと、後になってから大きな後悔をすることになりかねません。学資保険によっては、子供が7歳を超えると加入できなくなる商品もあります。

 

いざとなってお金がない!なんてことにならないよう、お子さんの将来のためにも、早め早めの準備がオススメです。

 

学資保険は貯金より損ってホント?!

学資保険,無料相談,選び方

はい、場合によっては本当です。
学資保険は契約内容によって「満期に帰ってくるお金が、積み立てた金額を下回る」ことがあります。

 

「えっ!それじゃあ学資保険に入る意味ないじゃん!!」

 

確かに、そういう学資保険を選んでしまうと、せっかくの準備が台無しになってしまう可能性があります。だからこそ、学資保険に入るときは、その保険の契約内容をしっかりと理解したり、他の保険商品との比較なども必要になってきます。

 

しかし実際のところ、素人には難しいんですよね、保険って。。私も保険に入る前はさっぱりでした。

 

実は教育資金を貯める場合、保険のタイプによっては「学資保険より返戻率が高いおすすめ保険」もあります。でも、そういう情報は保険のプロに直接聞かないと、なかなか知ることが出来ません。

 

そこでお薦めしたいのが保険のプロ、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談する方法です。

 

信頼できる保険のプロに相談することで「学資保険の正しい知識」を得られるだけでなく、自分たちで保険を比較する手間が大幅に省けます。

 

しかも契約の手続きなどはすべて任せることが出来て、あらゆるお金の悩みについても総合的にアドバイスしてくれるのです。

 

ファイナンシャルプランナーとは?

学資保険,無料相談,選び方

ファイナンシャルプランナーとは、ご家族の夢や目標を叶えるために総合的な資金計画を立てて、経済的な側面から実現に導く「お金のプロ」と言えます。

 

金融に始まり、保険商品・教育資金・税金・住宅ローン・年金制度・不動産など、お金にまつわる幅広い知識を持っています。ファイナンシャルプランナーと聞くと、大企業や資産家にしか必要ないもの、相談するには多額の費用がかかると思うかもしれませんが、実際はそんなことありません。

 

むしろ最近は、ごく普通の一般家庭にこそファイナンシャルプランナーが必要とされています。

 

「でも、ファイナンシャルプランナーの知り合いなんていないし、無料ってわけにもいかないだろうし…」

 

いえ、大丈夫です。

 

実は、無料でファイナンシャルプランナーに学資保険の相談ができる方法があります。

 

そして何より安心です。ファイナンシャルプランナーは保険会社のセールスマンとは違います。あくまで「中立な立場」で、数ある保険商品の中から、そのご家族に最適な保険を紹介するのが、ファイナンシャルプランナーのお仕事だからです。

 

ですから、しつこい保険の営業マンのような押し売りはありません。知り合いでも無いため、紹介された保険に入らなかったからといって、人間関係が気まずくなることもありません。

 

もし今、知り合いから学資保険のお誘いを受けているなら、ちょっと待って下さい。その保険が本当に自分たち家族に有益かどうかは、知人の人柄とはまったく関係ありません。プロの意見を聞いてからでも決して遅くはないので、冷静に考えてみてください。

 

大切な子供の将来を考えたら、資金計画は「絶対に失敗したくない」ですよね。

 

私たち夫婦も、そんな気持ちから早めの学資保険を考え、運良く出会った素敵なファイナンシャルプランナーのおかげで、なんとか子供の教育資金を準備することが出来ました。

 

その当時のことを少しお話ししますので、少しでもお役立て頂ければ嬉しいです。

 

最高のファイナンシャルプランナーに出会う方法は?

学資保険,無料相談,選び方

私たち夫婦は、妊娠をきっかけに学資保険の検討を始めました。

 

恥ずかしながら私たち二人は「授かり婚」で、まともに結婚式も挙げていません。当時20代後半だったこともあり、貯金もほとんど無い状態で子宝に恵まれ、嬉しい反面これから先のことを考えると、不安の方が大きかったのも事実です。

 

そんな中、ネットで学資保険の比較検討をしていた時に見つけた「保険見直しラボ」という無料仲介サイトでファイナンシャルプランナーの存在を知りました。

 

保険見直しラボは、ファイナンシャルプランナーの仲介業務をすることで、彼らや保険会社から広告収入を受けています。このため無料で運営されています。
さらにファイナンシャルプランナーは、保険会社から手数料を受け取ることで収入を得ているため、無料で相談を受けることができます。

 

つまり「相談を受ける私たちに損がない」のはもちろんのこと、ファイナンシャルプランナー、保険会社、保険見直しラボ、3社ともにデメリットのない仕組みとなっています。

 

保険見直しラボでは、厳しい独自審査で選んだ「経験豊富で優秀なファイナンシャルプランナー」が大勢登録されていて、相談者一人ひとりにマッチした理想的なプロを紹介してくれます。

 

ファイナンシャルプランナーへの相談費用は「完全無料」です。

 

一度プロに相談しておけば、今後の人生できっと何か役に立つだろうと思ったんです。

 

日程を決めて、いざ面会当日になると不安も募りましたが、とても感じが良く話しやすい方だったのが印象的でした。驚いたのは、ただ学資保険の説明をしてくれるだけかと思ったのに、イメージとはまったく違ったことです。

 

まず現在の資金状況から毎月の収支を含め、私たちの現状をしっかりと聞いてくれました。その上で、おすすめできる部分はないか、逆に無理して削らない方がいい経費のアドバイスなども頂きました。将来の夢でもある持ち家を買うときの住宅ローンにまで話がすすみ、最後のほうは人生相談のようになってました。

 

おかげで学資保険についての知識をしっかり学べ、金額的にも気持ち的にも納得のいく保険契約ができました。恐らくファイナンシャルプランナー抜きでこれだけの満足感は得られなかったと思います。

 

もしあのとき保険見直しラボに出会っていなかったら、素人判断で掛け金が安いだけの保険に入り、今になって後悔していたかもしれません。

 

↓↓プロが保険の選び方を教えます。↓↓

 

こうして私たち家族はファイナンシャルプランナーに助けられ、教育資金に対する不安は解消されました。今も時々、相談に乗って頂いてます。

 

そして私たちの他にも、優秀なファイナンシャルプランナーに出会って学資保険を見直した方がたくさんいます。

 

保険見直しラボを通じて無料相談を体験した方の口コミを、いくつかご紹介しておきます。

 

ぜひ相談前のご参考にしてみてください。

 

口コミでわかる「保険見直しラボ」口コミの秘密

学資保険,無料相談,選び方

保険は私たちが人生をより安心して歩けるようにするための「杖」みたいなものです。自分の体に合った杖を見つけるために、専門家のアドバイスは必要不可欠。口コミの保険を考えるときも、専門家に相談するのが一番の近道です。

 

家庭の資金計画は、まずファイナンシャルプランナーに相談するのが、これからの常識になりつつあります。そこで保険のビュッフェを通じ、学資保険の無料相談を体験した皆さんの口コミを集めてみました!

 

「ごく普通の清潔感ある男性がにこやかに」 --30代 口コミ 山口さん--

保険見直しラボで無料相談を申し込みました。自宅での相談を希望しましたが、当日は旦那と二人でドキドキでした。大柄でいかつい顔のオジサンだったらどうしようかと。約束の時間より少し前にチャイムが鳴り、恐る恐るドアを開けてホッとしました。いい意味で、ごく普通の清潔感ある男性がにこやかに立ってたからです。

 

とても話しやすく、押しが強いわけでもないので、ついついこちらの要望ばかり話してしまいました。すべて聞いてくれた上で後日プランを作ってくれるという話になりました。結局3回も家にお越し頂いて無事に契約。何度も無理な相談をしたにも拘らず、嫌な顔一つせず対応してくれたプランナー様には感謝の気持ちしかありません。

 

お陰様で納得のいく保険契約ができ、子供の将来に備えることが出来ました。
本当にありがとうございました。

 

「思い切って利用し大正解でした」 --30代 男性 タモツさん--

実は以前、有料のファイナンシャルプランナーに2万円で住宅ローンのプランニングを依頼したことがあります。子供が産まれ、その方に学資保険もお願いしようと思ったところ、残念なことに、すでに亡くなられておりました。

 

そういった事情で今回良さそうな方を探していた所、おすすめ保険に強い方を紹介してくれるという保険見直しラボが目に留まりました。無料相談が出来るというので、少し怪しいなと思いながらも申し込んでみると、以外にも大当り。

 

ひと回り年上の男性でしたが、特に威圧感や高慢な態度もなく、かと言って媚びる様子もなくて、穏やかな話し方が印象的でした。若手の営業マンのように捲し立てられるのが苦手な私には、相性バッチリだったようです。

 

以前の方も信頼しておりましたが、保険見直しラボさんの紹介してくれた方はとても誠実そうで、そのうえ経験も豊富な方でした。現在加入中のおすすめ保険と照らし合わせ、最も有利な方法をご提案して戴けました。

 

契約を押し付けるような強引さなどは全く感じませんし、こちらのライフプランをきちんと把握しつつ、出来る限り良い提案をしようとする姿勢に好感が持てました。家族の将来を預けるだけの信頼に足る人物と感じ、最終的に契約を任せることに決めました。

 

最初から最後まで笑顔が絶えず、一貫したプロ意識をお持ちの方と出会えたのは最大の収穫です。保険見直しラボさんが的確な人選をしてくれた成果と思います。思い切って利用してみて大正解でした。

 

「バカ高い保険料に不信感を抱いていました」 --20代 口コミ やーちんさん--

旦那の親が世話になっている保険屋さんに言われるまま、おすすめ保険も学資保険もバカ高い保険料を払い続けていることに不信感を抱いてました。かと言って向こうの親に面と向かってそんなことは言えません。

 

そこで旦那に内緒でこっそり相談することにしたんです。面談は自宅というわけにもいかないので、少し離れたカフェでお願いしました。待ち合わせの日に現れたのはスーツを着た小柄な口コミFPさんで、少し拍子抜けでした。強面の男性が現れたらと不安だったので。

 

話を聞けば私の母と同い年で、気さくな口コミで安心しました。保険の契約書を見せてひと通り説明すると、どうやら私の思った通り。学資保険は見直しの余地があるし、おすすめ保険の良い面、悪い面まで細かく教えてくれました。私たちの家族には不要な特約が多く入っていることも分かりました。

 

その後、見直したプランを3つほど出してもらい、それを旦那に見せて相談してみることに。最初はあからさまに嫌な顔をされましたが、「親の知り合いと家族の人生どっちが大事なの?」と説得し、流石に折れた旦那はようやく私の話に耳を傾けてくれました。

 

まだ契約までには到達していませんが、次回は夫婦そろってもう一度相談を受ける予定です。保険の見直しが決まれば保険料も安くなり、毎月の負担が減ります。その分は学資保険の積立に充当できます。アドバイス頂いたおすすめ術も含めれば、ざっくり2万円以上は積み立てに回せるので、大学入学までと考えればかなりの金額差です。

 

旦那の親には、私が勇気を出して話す予定。きっと子供を一緒に連れて行けば納得してくれるはず(笑) 頑張ります!

 

保険を契約しなくても全く問題ありません。

ファイナンシャルプランナーに無料相談した3人の体験談をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?皆さん相談理由はそれぞれですが、共通していたのは、FPに会う前と、実際に会った時との大きなギャップですね。無料で相談できると言われても、やはり直接面談というのは勇気がいるものです。ましてや初対面の人を自宅に招くのは、抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

保険見直しラボでは、私たちが希望する場所を指定して、どこでもFPに相談できます。近所の喫茶店・会社の最寄駅・個人事務所など、どこへでも無料で来てくれます。ただ、なるべく自宅でご家族揃っての面談が、一番理想的です。カフェなどでは他人に話を聞かれることもありますし、知り合いに偶然出くわすかもしれません。

 

自宅でリラックスして話を進めることで、より理解度も深まるような気がします。それに、FPさんの人柄については心配しなくても大丈夫ですよ。皆さんプロの専門家ですし、人格に問題のあるような方は、そもそも保険見直しラボでは審査に通りません。そういう方はFPとして実績を積むことも難しいでしょう。

 

もし契約が成立しなくても、後から手数料やコンサルティング費用を請求されるなんてことは絶対にないので安心してください。契約をするもしないも自由ですから、気軽に相談してみるといいです。

 

 

人生で一番大きな買い物って、何だかご存知ですか?

 

ほとんどの方は「持ち家」だと思います。

 

 

では、人生で二番目に大きな買い物は?

 

実はこれ、「保険」なのです。

 

それだけ人生にとって大きな出費になる保険ですから、毎月のわずかな金額の差が、長い年月で見れば驚くほどの金額になってしまいます。

 

「新しい家族ができて、これから学資保険を考えている」

 

「いまの保険に、なんとなく不信感を抱いている」

 

「保険の見直しに、少し興味がある」

 

もし、こんな気持ちが少しでもあるなら、ちょっとだけ腰を上げて、プロの専門家に相談してみてください。中立な立場からの適切なアドバイスは、きっとご家族の人生設計に役立つはずです。

 

「また今度」

 

と言ってるうちに、1年2年が過ぎるのはあっという間です!お金のことは、後悔してからでは遅すぎます。早め早めの対策をお薦めします!

 

 

↓↓保険見直しラボの公式ページはこちら↓↓

https://www.hoken-minaoshi-lab.jp/

 

子供の学資保険はどう選ぶべき?選定基準はどこ?

学資保険,無料相談,選び方

子供を1人育てるためには、子供の進路にもよりますが何千万円か必要になります。子供の将来の備えにしておきたい!と学資保険に入る親は多いのですが、学資保険は商品によって内容が様々です。どんな事を基準にして学資保険を選べば良いのか、選定基準はどこにあるのか一緒に考えていきましょう。

 

満期全額受け取りか祝い金受け取りありか。

学資保険,無料相談,選び方

学資保険は、子供が18歳や17歳の時に満期となって受け取りになる保険が多いです。18歳は高校卒業で、大学進学などで費用がかかる時期だからです。大学進学をしなくても就職としてお祝い金をあげたり、専門学校の費用としたりなどで利用できます。学資保険はこの満期に保険料の全額を受け取るのか、それとも中学入学や高校入学でお祝い金として一部受け取るかがあります。

 

一部受け取りをすると、満期の時はその分もらうお金が少なくなります。どちらにすれば言いかは、親の考えで選定していけば良いと思います。中学や高校入学時にかかる費用は親の貯金で貯めていけばいいと考えるのもいいと思いますし、お祝い金は使うかもしれないし、もらっても使わなければ貯金するなどの考えで決めてもいいと思います。

 

親の死亡保証はつけるべきか?

学資保険,無料相談,選び方

親が死亡してしまったり、親が決められた病気になってしまった時は、学資保険はもう払わなくていいと決められているのが一般的な学資保険です。それとは別に、プラスして育英年金特約というものをつけれる学資保険があります。この保険は、親が死亡したり決められた病気になって保険料が払えなくなってしまう場合に、決められた期間にお金がもらえるという特約です。

 

学資は子供の教育のための保険なので、親の代わりにお金を貯める事ができます。とても良い特約に聞こえる育英年金特約ですが、死亡か決められた病気にならないとお金がもらえないというのがネックです。決められた病気以外になって、たとえ保険料を払うのが厳しくても育英年金はもらえません。また、親のおすすめ保険や死亡保証などに加入している場合は、そこからお金がもらえます。そのため、育英年金特約をつけて保険料が上がってしまうならば、つけなくてもいい保険ではないかと思います。

 

医療保険特約は欲しい特約か。

学資保険,無料相談,選び方

育英年金特約と同様に、学資保険には医療保険特約があります。子供が病気になったり、ケガをした時に医療保険のようにお金がもらえる特約です。この特約をつけなくてもいいという人がいますが、その理由は自治体で子供の医療が免除になっている地域が多いからです。

 

医療費ならば通院も入院も全額免除という地域があれば、月に3回通うと4回目から無料になる、何割か自己負担になる、救急は免除にならないなどの地域差はありますが、子供の医療費に関しては小銭で済む場合が多いです。そのため、子供が病気に行くとなっても大した負担にはならず、医療特約はつけなくてもいいという考え方があります。

 

反対に医療特約が欲しいという意見は、親の負担を考えてのものです。子供が病気やケガで自宅療養が必要になれば会社を休む、通院のために仕事を早く切り上げなければいけないなどで給料が減ってしまった場合は、医療特約があると親の給料の補填になります。

 

夫婦共働きの場合は、医療特約がついていると助かるかもしれません。ただし、なにかあった時にどのくらいのお金がもらえるのか、それで給料が補填できるのかなどを確認しておきましょう。

 

特約はなるべくつけない方がいい。

学資保険,無料相談,選び方

学資保険には育英年金や医療特約以外にも様々な特約があります。全て特約をつけておくと安心かもしれませんが、特約はつけた分だけ保険料が上がったり、満期になった時にもらえる金額が減ってしまいます。学資保険と特約がセットになっているものもありますし、特約をオプションでつける保険もありますが、どちらにしても特約はついていない方がいいかと思います。

 

なぜなら、学資保険のそもそもの目的はなにかと考えたら、貯蓄だからです。教育費を貯めるために貯蓄するのに、特約で保険料倒れになってしまったら本末転倒ですよね。特約をつけてはいけないとか、絶対につけない方がいいと言う訳ではありませんが、つけるか迷ったらつけない方がいいかもしれません。また、両親のライフスタイルによって特約をつけるかどうか決めてもいいと思います。

 

返戻金を必ず見て選別する。

学資保険,無料相談,選び方

返戻金とは、満期に受けとる金額の事です。「えっ?貯蓄タイプの学資保険ならば、払った金額が全て戻ってくるのは当たり前じゃないの?」と油断してはいけません。返戻金は、必ず払った金額が全て戻ってくるとは限らないからです。大手保険会社でも、返戻金は貯蓄した金額全てが戻ってくる会社ばかりではありません。なぜ返戻金が目減りしてしまうのかというと、特約をつけたりなどのオプションにお金を払っているからです。また、なぜという理由がない場合もあります。(保険会社の儲けにしたいためという理由もあります。)

 

学資保険で貯蓄したいならば、目減りしてしまう保険だけは避けたいところですよね。返戻金は、「毎月の保険料×払う年月=返戻金」となるかというのがポイントです。自分で簡単に計算ができるので、学資保険を案内されたら計算してみましょう。返戻金が元本割れしているのならば、なぜ割れてしまうのか保険を案内してくれる人に聞いてみます。もし、しっかりとした理由がないならば、その学資保険の加入は避けるべきです。

 

保険見直しラボならば親切丁寧、経験豊富。

学資保険,無料相談,選び方

このように学資保険は様々な特約があったり、返戻金が元本割れしてしまったりとチェックしなければいけないポイントが多いです。学資保険は長期ビジョンを考えなければいけないため、とても夫婦二人で決められるようなものではありません。力強いアドバイザーがいたらいいな…と思いませんか?保険見直しラボは、保険無料一括見積もりをしてくれます。親切丁寧なアドバイザーが多く、アドバイザー担当経歴が平均で8年という経験豊富なスタッフが多くいます。アドバイザーがいかに親身になって話を聞いてくれるかで決める保険が変わってくるので、保険見直しラボで見積もりをすればきっとぴったりな保険を選べるでしょう。

 

 

↓↓保険見直しラボの公式ページはこちら↓↓

https://www.hoken-minaoshi-lab.jp/

 

【学資保険】ちゃんと加入目的を考えていますか?

学資保険,無料相談,選び方

私は某おすすめ保険会社で営業の仕事に携わっている者です。約10年ほど働いて今も現役です。その経験を踏まえてお話しさせていただきます。学資保険への加入を考えるなら、まず目的をはっきりさせることが重要です。

 

学資保険に加入する主な目的は

  1. 学費のためのまとまった資金を貯めたい
  2. 子供が入院や手術をしたときに保険金を受け取りたい

主にこの二つだと思います。

 

私の経験上、学資保険に加入したいから説明を聞きたいという方は、普通に貯金するよりも利率が良いからという理由で加入しようとしますが、さきほどの目的が曖昧なことがほとんどです。なぜ目的が重要かというと、保険会社によっても違うかもしれませんが入院・手術保障の保険料は一般的に掛け捨ての場合が多いからです。保障をつけるかつけないかで満期の時に戻ってくるお金がかなり違ってきます。

 

なのでまず、この学資保険は完全に貯蓄目的なのか、もしもの保証もつけておきたいのかを考えておく必要があります。こういうとほとんどの人は、「どっちが良いの?」と聞かれますが、こればかりはわかりません。なぜならこれから先、お子様が入院等をするかどうかは誰にもわからないからです。

 

ある人は子供が熱を出したり、部活中に骨折したりして入院したからやっぱり保障をつけておいてよかったいうこともあれば、まったく入院する機会がなく無駄だったと感じる人もいるでしょう。このように万一の保証をつけるかつけないかは難しい判断なのです。この判断をいきなり保険の営業マンの前でするのはなかなか難しいです。なのでほとんどの方は「一旦考える」と言ってお家に帰られます。

 

しかし、家に持って帰っても仕事が忙しかったり、単純にめんどくさくなったりして結論が出ず、結局加入しなかったということが意外に多いです。学資保険は保険会社によって差はありますが、銀行預金よりもかなり利率の良いもので、小さいお子さん限定の商品です。なので利用しないのはもったいないです。毎月安くない保険料をかけていくのですからしっかり考えてから加入してください。

 

 

↓↓保険の悩み全て無料で解決します。↓↓

管理人おすすめの保険無料相談はコチラ

 

 

保険見直しラボは訪問型ですので、こちらの都道府県全てに対応しています。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京都 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄